Macbook Proを購入して最初に入れたアプリ

正直なところ、このエントリーは自分用に書いたところがあります(笑)Macbook Proへ本格的に以降はまだできていませんが時間を見つけてはアプリケーションをインストールしています。まだ勉強中のアプリもありますが、大体これぐらいのアプリケーションを日々使っています。

ほとんどが格安で手に入るweb系のアプリ

 
Webサイトを製作するのに必要なアプリケーションは基本的に無料か有料でも格安で手に入れることができます。
今日ピックアップしているアプリケーションの中で、着手するのに一番敷居が低いかもしれません。

 
applist01

Google Chrome

 
一日のうちで最も使うアプリ、ブラウザです。
このブラウザ内にアプリをさらにインストールしてタブレット、携帯でも同期して同じように使えるようにしています。
Web製作の時もこのブラウザを中心に確認しています。

 
applist02

Firefox

applist03

Opera

 
Web製作の確認用に使用しているブラウザです。
Firefoxも良いと聞きますが、今のところ「Google Chrome」を一番使用しています。

 
applist05

Coda 2

 
主にコーディングする時に使用しています。
以前はAdobeの「Dreamweaver」を使用していましたが重くて動作が遅い上にエラーも多いので不満でした。
そこでこのアプリを知って値段を見たところ、当時は4000円?だったので早速購入しました。
動きが早く快適だったので、その後長らく使用しております。

 
applist06

MAMP

 
自分のPCでローカルを構築するのに必須のアプリです。

 
applist07

FileZilla

 
作ったデータをサーバにアップする時に使います。
これも必須。

 

ほぼすべての仕事をカバーするAdobeのアプリケーション

applist04

Creative Cloud

 
すべてがこの会社でまわっています(笑)
映像編集からWebデザイン、写真の仕上げ、イラストの作成(特にライブトレース)、電子書籍の製作などほとんどすべて使用しています。
Dreamweaver、FlashPlayerは使っていませんがアプリ製作とグレーディングのアプリは今後勉強していくつもりです。
現在はMacbook ProとMacbookを使っているので両方に入れて使用しています。
1人の契約で2台まで使用が可能です。
そして月に4980円。
決して高い金額だとは思いません。

 

定番だけど使用頻度が下がってきているMicrosoft

applist08

Office for Mac

 
やはり動作が重いのであまり使いたくないのですが、仕事で合わせるために時折使います。
他社との関わりがない場合はMacの無料で入っているアプリケーションを使います。

 

その他の便利アプリケーション

applist09

Xcode

 
アプリ作成のアプリケーションです。
時間を見つけてですが少しずつ勉強しています。
無料でインストールできるので、中学生の時にこういうのがあったら絶対やってましたね(笑)

 
applist10

Pogoplug

 
クラウドでのバックアップはこのWebサービスを利用しています。
自分でハードディスクをセットし、そこにネットを介してバックアップを取ります。
携帯やiPadからもアクセスできるので便利です。

 
applist11

Skype

 
テレビ電話はFacetimeがありますが仕事で使うこともあるのでインストールしています。
定番ですね。

 
applist12

Magican

 
無駄なデータを削除するために使用するためのナイスなアプリケーションです。
これでメモリーの掃除をして無駄なモノを削除しています。
これも必須アイテムです。

 
アプリケーションは基本的に入れない方が思います。
メモリーを使ってしまうし、結局動作が遅くなるからです。
それにAppleの標準アプリは十分使えますし、わざわざ同じ機能のアプリケーションを新しくインストールする必要はないと思います。

後は作曲アプリを入れて終わります。

本当にアプリケーションって安くなりましたよね!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »