4KテレビでHDR対応の43型液晶テレビを5万円代で購入!テレビの進化に地上波は遅れてる!?

春のAmazon大セールで液晶テレビをやっと買い換えました!ゲームを今年から始めたので大きいテレビに変えたく、やきもきしていたらなんと5万円代で買えるじゃないですか!

アマゾンの春のセールで買った43型液晶テレビ

 
先日開催されていたアマゾンの春のセールで液種テレビが驚異の¥54,800で発売してたので、速攻ポチりました!実はそれまでの液晶が19型(レグザ)だったんで、ゲームをやるにはかなり小さく、これを機にテレビの買い替えを考えてました。
なぜ19型かというと、うち、テレビ全然観ないんです。NEtflixとかもiPadで見れるし、タブレットを複数持てば家族で取り合うこともなかったんです。それに持ち運べますしね。

 

まるでパソコンのようなテレビ

 
で購入したのがLGの43UJ630Aという43型の液晶テレビ。今アマゾンで買うと¥67,800ですね。43型は19型からすると、それはそれは大きいものでしてw感動しまくっておりますw
LGは海外でも人気でホテルとかに泊まると大体LGが多いです。日本国内は国産メーカーが多いイメージかもしれませんが、液晶はもう海外。特にLGが人気です。
証拠にテレビというか、これもうパソコンだなと感じさせるようなものになってました。まずwebOSというものがあってアプリも検索も全部ネットを接続して設定、視聴をするし、なんだかでかいパソコンを操作しながら視聴しているようです。YouTubeもアクセスよく、すぐ見ることができます。

 

地上波放送はどうなる?

 
話が少しずれますが、気づいた問題は地上波放送もYouTubeやNetflix、DAZNも同列で視聴者には選択肢があるということです。自分に観たいときに観れない地上波放送のようなシステムは、今後、いやもうすでにテレビは厳しいと思いました。ましてや4kも対応してないんです。YouTubeで「4K」で検索するとそのコンテンツがすぐ出てきますが、フルHDの画質とは雲泥の差です。Netflixも4K放送やってます。

 

液晶の次は有機ELか!?

 
(画面はゼルダです)
このテレビを買う前は有機ELを勧められていたので、高額ですが候補に入れて念のためお店でチェックしていました。
有機ELはwikiから引用させてもらうと

発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した有機発光ダイオード(ゆうきはっこうダイオード、英: organic light-emitting diode: OLED)や発光ポリマー(はっこうポリマー、英: light emitting polymer: LEP)とも呼ばれる製品一般も指す。
これらの発光素子は発光層が有機化合物から成る発光ダイオード(LED)を構成しており、有機化合物中に注入された電子と正孔の再結合によって生じた励起子(エキシトン)によって発光する。日本では慣習的に「有機EL」と呼ばれることが多い。次世代ディスプレイのほか、LED照明と同様に次世代照明技術(後述参照)としても期待されている。

というもので、わかりやすくいうと
・バックライトや放電スペースがいらないので、非常に薄く作ることができる。
・軽い
・画面が液晶よりも遥かに綺麗
これにOSなどシステムが強化されれば、さらに今のままのシステム維持は厳しいでしょうね。
有機ELは10万を切り始めたら購入を考えたいっす!

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »