高画質解像度「4K」って何?を簡単にまとめ

最近「4K」という言葉を耳にします。「4K」とは画面解像度のことです。今後は一般家庭に浸透していくことが予測されるので、「4K」っ何?という簡単な解説を書きました。玄人の方にはすでに分かっている内容だと思うので、初心者向けに書いています。

高画質解像度「4K」とは?

4k

最近多くの場所で見かけるこの「4K」。これは、画面の解像度の事で、近年もっとも使用されているであろう、フルHDサイズの4倍以上の画質があります。すでにiPhoneのカメラも、フルHDカメラが搭載されており、皆さんもすでにご存じではないかと思います。

実際に数字で表すと

・フルHD(2K):1920×1080(横×縦)

・4K:3840×2160(横×縦)

こんなに違うわけです。

今、日本でテレビ放送している画質はフルHD。4Kは、来年の夏から放送が開始されるそうです。

 

フィルムに近い画質を生み出した

例えば映画だと低予算での撮影を可能にしました。フィルムの画質により近くなったので、製作費がかからないビデオカメラに変えて撮影を行っています。

<例>撮影された映画

・第9地区

 

・ソーシャルネットワーク

 

・のぼうの城

 

他にもテレビドラマの撮影で使用され、映画とテレビの距離を縮める役割を担い、クオリティーの高い画質で撮影されるようになりました。最近の連ドラを見ても、綺麗な画面が多いですよね。

そしてレンズの交換も多く出来るのが特徴です。その代わりレンズ代がかかりますが(笑)レンズを交換するだけで、ボケや明るさなど、幅広い撮影が可能になります。

 

代表的な4K撮影カメラ

 

1_1967jk_600px

RED ONE

フィルムとビデオカメラの距離を縮めた世界中で大人気のビデオカメラ。すでに多くの映画で使用されています。

 

z4ieYY_600px

CANON EOS C500

大人気EOSシリーズから出たCANONのビデオカメラ。ただ一般的に買える金額ではないです。。。

他にもSONYや色んなメーカーが発売していますので、調べてみてください。

 

今後は?

数年内には一眼レフサイズの4K対応カメラも発売されるのではないだろうか?

とにかく技術の進歩が早く、カメラを買ったら1年後には古く感じたり、とにかく追いつくのが大変。そんなスピードだからコンパクトな4K対応のカメラが発売されると思います。ますます低予算の映像制作が可能になる。そうなれば新しいアイディアが出てきて新しい可能性が出てきそうです。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »