役者として売れたいなら、女優の寺田有希に学べ!

今年初の投稿は自分の周りにも関わりが多い役者業について、です。コンピュータが普及し、個人の時代へ入っているわけですから、役者をやっている方も売り込み方が多様化していると思います。今回はその一例を書きます。

ホリエモンチャンネルに出演している女優・寺田有希

terada01

 
昨年の末から毎度鑑賞している「ホリエモンチャンネル」ですが、この堀江貴文氏の隣に座っている女性が女優であることを知りまして、随分面白いことをしているなと思って色々調べてみました。

寺田有希wikiページより

2012年3月、所属事務所ホリプロとの専属契約を終了して独立すると、フリーの女優として活動を開始。
同4月に寺田有希オフィシャルブログ「ゆき道」の更新を終了し、翌5月には「寺田有希のぶろぐ。」を開設。
舞台作品を中心に映画・テレビドラマに出演している。
2013年12月、寺田有希オフィシャルサイトを開設。

他の経歴は特に他の役者と変わらないのですが、上の引用に書いてある部分。
大手芸能事務所を退社し、その後フリーで活動していて、その活動のひとつにホリエモンチャンネルの出演をしている点でした。

まず単純にホリプロは大手事務所ですから全国から選りすぐりの役者志望が、入社を希望してやってきます。狭き門を勝ち抜いて所属までいっているはずなので、そういう会社を退社しフリーランスでやっていっているわけですから、かなりの覚悟があったのだと思います。

そして、そのフリーランスとしての活動内容が面白いのです。

 

寺田有希がフリーランスでやっていること

terada02

 
寺田有希オフィシャルサイトを作っているのですが、これ、WordPressで制作されています。
ということはホームページ全体の運営者は誰かわかりませんが、少なくともブログは自分で書いて投稿しているんじゃなないかと思います。

タレント、役者ならば、その多くが利用するのは「アメブロ」です。そこでWordPressをフリーランスで使っているところからDIY精神でやっている臭いがしますし、現に年末からカレンダーが発売されているのですが、ホリエモンチャンネルを観ると自腹でやっていると言っていました。

他にもSNSを当然駆使して利用しているし、自分から発進していく努力は見ての通りです。

 

動画投稿に出続けると、どんな効果がある?

terada03

 
コマーシャル等、メディアに何度も登場すると視聴者からの好感度は上がっていきます。これを単純接触効果といいます。

これだけの情報化社会に、一個人の誰かを気にする→ファンになる、という流れはとても困難です。

その中でホリエモンチャンネルに出演し、ほぼ毎日この動画投稿は行われるので、寺田有希のファンは単純接触効果で自然と増えていきます。投稿をほぼ毎日しているという点が重要で、これだけ露出が増えればフリーランスでも仕事が来ることは想像できます。

本来、役者をしている人は芸能事務所に入り、営業を担当のマネージャさんにやってもらいながら、仕事を獲る、という流れが一般的です。
しかし、その芸能事務所が発信力(宣伝できる力)を持っていればいいのですが、ITリテラシーが低いと宣伝効果はやはりありません。だったら芸能事務所に所属する意味はなくなってきます。

 

役者が現代のテクノロジーを使って出来ることはたくさんある。

terada04

 
経験上、役者をしている人はITリテラシーが低い人が大多数です。コンピュータやスマホと聞くと嫌がる人が多いです。
コンピューターは高額だという理由で買えないという人もいますが、そういう人に限って喫煙をしていたり、酒を飲んだりしています。(笑)

コンピューターは10年前に比べたら本当に安くなりました。自分でホームページを作ってブログを書き、SNSも当然利用する。スマホもタブレットもあるわけですから、お金はそんなにかからないと思います。

自分でYouTubeでチャンネルを作り、自分で撮って投稿するとか、出来ることは本当にたくさんあります。

ITをどうしても出来ないのであれば、その分野に強い人を雇って宣伝してもらうとか、考え方次第。
コンピュータを使わないのであれば、役者として淘汰される可能性は大だと思います。

だから女優・寺田有希に学べ!です。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »