Canon EOS7Dでタイムラプス(4K)撮影をしました。

Canon EOS7Dでタイムラプス撮影をしました。今回は最高解像度の4Kで撮影です。4kは対応するカメラでしか撮影できませんが、普通の一眼レフでも4Kを撮る事が出来ます。日本でワールドカップから4k放送が開始されるそうで、ますます普及するのでは?と思いますので皆さんも試してください。

タイムラプス撮影をする事で4K撮影が可能になる

4k

 
今年は4K映像の放送開始の決定やミラーレス一眼のLumix GH4の発売など4Kがますます身近になってきています。

そこですぐにでも4K映像を撮影したい!という人には、一眼レフがあれば4k映像を撮る事が出来ます。

それには写真の解像度を設定し、タイムラプス(写真)で撮影し動画にする事で4K映像が実現できます。

 

撮影時の設定は最高解像度で

7d

 
今回はEOS7Dで4K映像を撮影しました。
過去のエントリーでタイムラプスの基本的な撮影方法を書いているので、わからなかったら読んでください。
「Canon EOS 7Dでタイムラプス撮影をしました。」

まずカメラの解像度を最高の5184×3456のRAWデータ設定にします。

 
4ktimelapse01

 
今回は8秒映像が欲しかったので、1秒=30フレームなので合計240枚のフレームがあればオーケーです。

240フレームを6秒で1回シャッターをきるとすると、1440秒の撮影時間がかかります。
つまり1440秒=24分間の撮影です。

というわけで撮影に挑みます。

 

編集はAfterEffects

4ktimelapse04
 
撮影したRAWデータをAfter Effectsで読み込み、タイムラインに並べます。

 
4ktimelapse02

 
シーケンス設定で4Kを選びます。
ここで疑問が。
デフォルト設定でフレームレートが24pになるのだが何でだろう?
映画専用だったという事で24pなのかな?

タイムラインに並べたら今度は書き出し

 
4ktimelapse03

 
ここでも解像度が4K(3840×2160)になっている事を確認して書き出します。
この解像度は世界で定められたところが2つあって、国際電気通信連合(ITU)が定めた解像度が3840×2160となるそう。
ちなみにもうひとつはDigital Cinema Initiativesが定めた4096×2160

 

4Kはやはり綺麗

4ktimelapse05

 
出来た映像がこちら

 

 
再生するときに右下の設定を4Kにして再生してください。

当たり前ですけど、やはり綺麗です。

4Kってどう綺麗なのか?と聞かれたら「写真がそのまま映像になった感じ」と答えています。

??となるかもしれませんけど、本当にそう思います。

4Kに慣れてくるとフルHDが汚く見えますね(笑)

テレビ放送が始まると、今後はもっと4K撮影の案件が増えてきそうです。

そろそろ4Kカメラで撮影をしてみたい!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »