1080pと1080iとは?プログレッシブとインターレースとは?

編集するときに映像の設定は重要です。見当違いな事をやると書き出した映像にノイズが出たり、汚い映像になってしまいます。納品するときのフォーマットから正しい判断をして、正しい設定の撮影と編集をしましょう。

1080pと1080i

1080p1080i01

 
デジタル映像の規格で1080p1080iという名称を見かけますが、これは何でしょうか?

これは「走査線数」を表しています。

走査線のうち映像信号が含まれている走査線の数を有効走査線数といいます。

では1080という数字は?
1080はデジタルハイビジョン信号で、1125本中1080本あるという意味です。
ちなみに地上アナログ放送は525本中480本の有効走査線数。

そして1080の後に着いているpi

これはプログレッシブ=p、インターレース=iという意味で、それぞれの頭文字を取って表しています。

 

プログレッシブとインターレースとは?

1080p1080i02

 
1080にpとiの二つがあるのはどうしてか?

それはアナログテレビの規格が続いてしまっている事が理由です。

アナログテレビから話をすると、上から下まで水平に一本ずつ走査線を電子ビームでなぞって描いていきます。
そしてインターレース走査は、走査線を一本おきになぞっていき、画像を1/60秒に一枚完成させ、次になぞっていない走査線をなぞる事により映像を完成させます。

その後、技術の進歩によりインターレースのようにひとつ飛ばしでなぞらず、一気に走査するプログレッシブが登場します。

これは一気に映像に表示するので、ちらつきが少ないという利点があります。

インターレースとプログレッシブの違いが映像でかな〜りわかりやすく解説してある動画がありました。

 

 
つまりテレビはインターレースその他はプログレッシブでよいということになります。

 

ほとんどの設定は「プログレッシブ」でいいはず

1080p1080i06

 
このブログを読んでいる人はほとんどネット用に映像を作る人の方が多いはず。

これまで読んできてもらとわかると思いますが、プログレッシブの設定で映像を作る事がベストです。

<例>
Adobe PremiereProを使用した場合のシーケンス設定

<画像をクリックすると拡大します。>

 
1080p1080i03

 
これではインターレースを選択しているので、フィールドの部分が「奇数フィールドから」という設定になってしまっています。

正しくはこちら

 
1080p1080i04

 
1080pを選択しているので、フィールドはなしになっています。

そして書き出し時も確認。

 
1080p1080i05

 
フィールドオーダーがプログレッシブになっていることを確認してください。

以上の設定でネットやiPadなどで再生ができるようになります。

 

設定を正しく行うことで完成品はより綺麗になる

1080p1080i07

 
設定を間違えると音声しか再生されなかったり、ノイズが出たりします。

正しい設定をする事により、ちゃんとした映像が書き出されますので注意して編集をしましょう。

しかしこの規格の多さは面倒ですよね。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »