thee michele gun elephant の〈TMGE SHIBUYA RIOT!〉

もう去年の話で随分古びた話ですが、渋谷のタワーレコードで行われた〈TMGE SHIBUYA RIOT!〉に行ってきました。最初で最後??という謳い文句でしたが、会場に行ってみて過去の記憶が蘇ってくるいい機会でした。ちゃんと同時期を過ごしてきたということが、なにより誇り思えます。

thee michele gun elephantとは?

tmge02

 
wikiより引用しました。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)は、日本のロックバンド。俗称として『ミッシェル』や『TMGE』が用いられる。1960年代から1970年代のパンク・ロックやパブロック、ガレージロックからの影響を濃く見受けられるサウンドが特徴。1991年に結成され、2003年に解散した。

主に90年代後半の、僕が高校生の頃に「チキンゾンビーズ」というアルバムで知りました。当時はスピッツや奥田民生、ブルーハーツなど邦楽ロックを聴いていましたが、「チキンゾンビーズ」のころはUKロックの影響が強い曲が多くて、初めてヨーロッパの音楽に触れていくきっかけにもなりました。

あの頃はハイスタも流行っていて、オーストラリアに行ったときに向こうの友達からオフスプリングを紹介されたりして(当時は)メロコアと言われていたジャンルの曲も聴き始めていました。

そのメロコアとも違う正統派のロックという感じで、細身のスーツにジャカジャカ鳴らすギターの音が気持ちよくて、ドンドンのめり込んでいきました。

そんな出会いで10代後半から20代前半までの青春時代に、ずっと聴き続けたバンドでした。

 

ミッシェル最初で最後のミュージアム〈TMGE SHIBUYA RIOT!〉

tmge04

 
〈TMGE SHIBUYA RIOT!〉は、ミッシェルに触れること自体が本当に久しぶりで、最近は何か催し物があっても時間がなかったりして足が向かないのですが、不思議とすんなりと会場へ向かえさせる展示会でした。

会場に入ると大きいフラッグに「SHIBUYA RIOT」と書いてありますが、2001年の代々木で行われたフリーライブを真似たものです。ファンは見るとすぐわかるはずです。
そういえばこの会場で販売されたグッズが後日ネットで発売されたので、遠い長崎で注文したら商品がついに届かなかったことがありました。未だにきていません。

中では当時の代々木のライブ映像が流されていて、何度も観たことがあるのですが思わず観てしまいました。

 

懐かしのグッズ

tmge03
tmge05

 
ライブは一度しか行けなかったので、グッズはあまり持っていなかったのですが、ネットでツアーグッズは通販で販売していたので何を売っていたぐらいは把握しています。

洋服は裏原全盛期の時代もあって、日本人が作る洋服が大好きだったのですが、ミッシェルのグッズも負けないぐらいかっこいいと当時思っていました。(特に初期のころ)

しかしこれだけのコレクションを並べると、時代を感じさせないデザインもあって、いかにセンスが良いバンドであったかもわかります。

 

何もかも影響を受けたバンド

tmge06

 
バンドこそはやりませんでしたが、アーティストのライフスタイルにこの頃から憧れていました。人とは違うことがしたい、やりたいことをやり通す、そういう事を教えてくれたバンドでもあります。

展示しているものをひとつひとつ見ていきながら、それらが何歳の時ものだとはっきり覚えていました。バンドが積み重ねてきた歴史にリアルタイムで立ち会う事が出来た経験は今でも誇りです。今から振り返って聴くよりも多感な年頃に聴くことができて、いい経験ができたと展示会で思いました。

ギターのアベフトシが死んだというニュースを知った時、家で号泣したことがありました。

始まりには必ず終わりがあり、時が移ろうのは本当にかけがえのないものだと、会場を後にしました。

〈TMGE SHIBUYA RIOT!〉は過去を振り返りながらも将来を前向きに歩かせてくれた、そういう展示だったような気がします。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »