格安2万円以下で韓国に飛行機で行く方法

(写真はソウル駅)
先日ソウルまで行ってきたんですが、航空券は大体往復で¥16,000でした。こんな感じで時々海外に行くときは格安の航空券を買って行ってます。時期も大きく影響しますが、海外は今や国内旅行よりも安く行けるようになりました。

LCCを利用して旅行へ行く

 
LCCの普及は大きいものがありました。

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリア(Low-cost carrier, LCC)とも言われる。

国内旅行だけでも、新幹線で東京から名古屋に行くより、成田から福岡、沖縄まで行く方が安かったりします。
過去利用した金額でいえば沖縄・福岡が片道¥8,000ぐらい、すごいときは成田ー香川で片道¥800で行ったこともあります。
機内が狭い飲み物が出ない墜落するんじゃないかなど懸念の声も聞きますが、正直全く問題ありません
飲み物は自分で用意すればいいし、機内の狭さは僕のサイズ(176cm,75kg)でも問題ありません。
狭いなら痩せればいいですしね。
墜落はLCC問わず、普通の航空会社も墜落してます。

 

セールをこまめにチェックする

 
いつもチェックしてるのは「LCCjp」というサイト。
このサイトのRSSを利用してfeedlyというサービスで更新されたらその記事を読めるようにしてます。
急ぎの時はしょうがないので、そのまま航空券を買いますが、時期が未定の時はセール価格で買って先に行くことを決めます。
先述した800円で成田から香川まで行ったのは、春秋航空のセールで買いました。

 

今回はTWAY航空を利用

 
早朝便だったんで、行ったら成田でこんな並んでました。。
韓国行きの航空券の内容はこんな感じです。

 

 
往路は¥3,000、復路は¥5.500、海外渡航になるので、空港税や燃料サーチャージがついて、この金額になります。
セールは秋頃が多く、正月明けから2月ぐらいまでの時期も結構あります。
繁忙期を避ける必要はありますが、調整がつきやすい学生やフリーランスは向いてると思います。

 

旅は行ったもん勝ち

 
旅は行動力が必要なので、面倒なところがあります。
でも旅は行ったもん勝ちです。
行った先の体験は一番リターンのある自己投資だと思います。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »